野菜嫌いの子供に野菜を食べさせる方法

野菜は体に良くて栄養素が多く含まれているため、親は子供に食べさせたい食材だと考えています。しかし、親の気持ちとは反対に、苦手で食べたくないと感じている子供は多くいます。どうすれば嫌がらず食べてくれるのかというのが、親の切実な悩みです。

野菜を細かくして混ぜ込んだりと、野菜を食べさせるための様々な方法があります。その中でも、揚げ物にするという方法は効果的です。

揚げ物の中でも特におすすめなのは、揚げ餃子です。中身に細かく刻んだ色々な野菜を入れて揚げ、お好みのタレに付けて食べます。パリパリとした皮の香ばしさとタレの味で、野菜がたくさん入っていても気が付きにくいです。そのため、子供も美味しく野菜を食べる事ができます。

野菜を美味しく食べさせる工夫とともに、親がするべき大切な事があります。それは、子供に野菜についての知識を与え、本当に野菜を好きにさせる努力です。

買い物に一緒に連れて行き旬の野菜を教える事も、手軽で有効な方法です。また、図鑑で野菜について調べたり、実際に自分達で育ててみる事も、野菜を身近に感じる事ができます。

プランターで育てられる野菜も多くあるので、ベランダなど場所を取らず行う事ができます。

野菜に触れる機会を持つことは、野菜を好きになる1番の方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です